裁判所自己破産とはすべての債務をゼロにすることができる究極の債務整理と言っても過言ではありません。裁判所に申し立てを行い、免責が下りるとすべての借金がなくなります。借金をした理由がギャンブルなど遊興費の場合だと破産ができないともいわれていますが、事情によってはできるケースもありますから諦める必要はありません。自己破産すれば借金がなくなりますから返済義務もありませんし、平穏な日々を取り戻すことができます。

では、こんなメリットの多い自己破産ですがデメリットはないのでしょうか。デメリットとしては、破産することでしばらく新たに借金をすることができなくなるということです。個人信用情報機関に自己破産したという情報が登録されてしまいますから、今後しばらくはローンを組むこともクレジットカードを作ることもできないでしょう。これが大きなデメリットといえます。また、官報に名前が載りますし、免責が下りるまで特定の職業に就けないというデメリットもあります。

ただ、こうしたデメリットは自己破産のメリットに比べると微々たるものですし、個人信用情報機関に情報が登録されるのも5年程度のものです。そこまで神経質になることはないでしょう。最後に自分でもできるのか説明をしたいと思います。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket