自分でもできるのか

費用自己破産の手続きを弁護士に依頼するとなると当然費用がかかります。どれくらいの費用が必要になるかは弁護士によってまちまちですから一概には言えませんが、数万円から十数万円の費用が必要になることもあります。この費用がもったいないからという理由で自分で自己破産の手続きをしようとする方もいますが、正直これはおススメできません。必要書類を集めるだけでも時間がかかるでしょうし、その上裁判所での手続きなどもしなくてはなりませんから素人がそう簡単にできるようなことではないのです。

また、弁護士でもない素人が自分で自己破産をしようとすると免責が下りない可能性もありますし、借金が残ってしまうということも考えられます。その結果、結局再び弁護士に依頼することになり手間と時間が倍かかってしまった、という方も実際います。自己破産の手続きは意外と面倒なものですし、専門家に依頼するのがもっともベストな選択です。費用がもったいないという気持ちも理解できなくはありませんが、それで中途半端に借金が残ってしまうのなら本末転倒でしょう。

弁護士によっては分割での支払いに対応してくれることもありますから、まずは相談してみることが大切です。

関連サイト
自己破産とは? | 債務整理・借金相談は弁護士法人アディーレ法律事務所

破産の知識

裁判所自己破産とはすべての債務をゼロにすることができる究極の債務整理と言っても過言ではありません。裁判所に申し立てを行い、免責が下りるとすべての借金がなくなります。借金をした理由がギャンブルなど遊興費の場合だと破産ができないともいわれていますが、事情によってはできるケースもありますから諦める必要はありません。自己破産すれば借金がなくなりますから返済義務もありませんし、平穏な日々を取り戻すことができます。

では、こんなメリットの多い自己破産ですがデメリットはないのでしょうか。デメリットとしては、破産することでしばらく新たに借金をすることができなくなるということです。個人信用情報機関に自己破産したという情報が登録されてしまいますから、今後しばらくはローンを組むこともクレジットカードを作ることもできないでしょう。これが大きなデメリットといえます。また、官報に名前が載りますし、免責が下りるまで特定の職業に就けないというデメリットもあります。

ただ、こうしたデメリットは自己破産のメリットに比べると微々たるものですし、個人信用情報機関に情報が登録されるのも5年程度のものです。そこまで神経質になることはないでしょう。最後に自分でもできるのか説明をしたいと思います。

借金の自己破産

悩む男性毎月のように多額の借金を返済していると何のために働いているのか、何のために生きているのかも分からなくなってきます。それでも生活に余裕があればいいのですが、借金の返済にほとんどのお金が消えてしまい生活もままならず、精神的にも追い詰められているとなるともう末期でしょう。このようなケースだと一刻も早く借金問題を解決する必要がありますし、専門家に相談したうえで本格的に債務整理などを行う必要があります。

自己破産という言葉を耳にしたことがある方は多いと思いますが、自己破産というのは債務整理の一種です自己破産の手続きをして免責が下りると債務がすべて帳消しになりますから、それ以降借金の返済義務などもなくなります。銀行や信用金庫、消費者金融などどこで借りているかも問題ではありませんし、破産することによって自分が抱えていた借金すべてをなかったことにできるのは自己破産最大のメリットと言えるでしょう。

いつまでも借金で苦しんでいると精神衛生上もよくありませんし、できるだけ早く解決して平穏な日々に戻るべきです。自己破産をすればあれだけ自分を苦しめてきた借金がすべてなくなるわけですから、新たな人生のスタートを切ることもできるでしょう。このサイトでは、自己破産をしたいと考えたときに弁護士に相談すべき理由や破産のメリット、覚えておくべき注意点などについてもご紹介しますから借金がある方はぜひ今後の参考にしてください。